読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NancyFxチュートリアル「1. プロジェクトを作成する」

この記事は、Nancy Advent Calendar 2013の2日目の記事です。

(さっそく遅れてます・・・)

今日から何日かに渡って、NancyFxのチュートリアルということで簡単なWebアプリケーションを作ってみようと思います。

完成イメージ

チュートリアルっぽく、Todoアプリを作ってみようと思います。

  • タスクには、タイトルと詳細、期限日が登録できる。
  • タスクには、コメントがつけられる。
  • タスクは、期限日の昇順、登録順でソートされる。

f:id:rabitarochan:20131203175832p:plain

チュートリアルの環境

チュートリアルは、以下の環境で進めていきます。

それ以外の環境でも問題なく動くと思いますが、動かない場合はコメントかTwitterで連絡ください。

プロジェクトを作成する

さっそくプロジェクトを作成します。

新しいプロジェクトのテンプレートから「Visual C#」→「Web」→「ASP.NET 空の Web アプリケーション」を選択します。

プロジェクトの名前を入力し(今回は TodoApp)、OKボタンをクリック。何もファイルが生成されていないASP.NETプロジェクトが作成されます。

f:id:rabitarochan:20131203140350p:plain

NuGetで必要なパッケージをダウンロードする

NuGetを使い、今回必要となるパッケージをダウンロードします。NuGetについては@ITの記事などを参考にしてください。

VisualStudioのメニューにある「ツール」→「ライブラリ パッケージ マネージャー」→「ソリューションの NuGet パッケージの管理」をクリックします。

オンラインのパッケージソースを選択して「Nancy」で検索します。検索結果の中から以下3つのパッケージをインストールします。

  • Nancy
    NancyFxのコアライブラリです。

  • Nancy.Hosting.Aspnet
    NancyFxのWebアプリケーションをASP.NET上で動作させるためのライブラリです。ホスティングライブラリはこれ以外にも、AzureやWCF、SelfHosting(コンソールアプリなどと一緒に動作させる場合)などがあります。

  • Nancy.Viewengines.Razor
    NancyFxのビューエンジンに「Razor」を利用するためのライブラリです。NancyFxでは、標準でSuper Simple View Engineという、単純なテンプレートのみを実装したビューエンジンが利用できます。
    The Super Simple View Engine · NancyFx/Nancy Wiki · GitHub
    今回は使い慣れたRazorを利用するために、このライブラリを追加します。

f:id:rabitarochan:20131203141726p:plain

今回はこれ以外に、以下のパッケージをインストールします。NancyFx以外の部分は極力ふれない予定ですので、ここは任意ということで。

最初のモジュールを作成する

NancyFxの導入ができたため、簡単な動作確認をします。文字列を返すモジュール(NancyFxでは、コントローラではなくモジュールと呼ぶようです。意味はほぼ同じです。)を作成します。

Modulesディレクトリを作成し、その下にHomeModuleクラスを作成します。

作成後、クラスを以下の通りに実装します。

using Nancy;

namespace TodoApp.Modules
{
    public class HomeModule : NancyModule
    {
        public HomeModule()
        {
            // GET "/"
            Get["/"] = parameter => {
                return "Hello NancyFx !!";
            };
        }
    }
}

デバッグ実行しブラウザでアクセスすると、以下のような画面が表示されます。ちゃんと動作していることが確認できましたね!!

f:id:rabitarochan:20131203142746p:plain

最初のViewを作成する

ついでに、Viewも作ってしまいましょう。

Views/Homeディレクトリを作成し、その下にindex.cshtmlファイルを作成します。

作成後、cshtmlファイルの中身を編集します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>NancyFxチュートリアル</title>
  <body>
    <h1>Hello NancyFx !!</h1>
  </body>
</html>

HomeModuleが、文字列を返す実装になっているので、Viewを返すように変更します。

Get["/"] = parameter => {
    return View["index"];
};

上記のように、View["ビュー名"]と実装すると、ビューエンジンを介したレスポンスを返すようになります。

ビューのテンプレートは、Views/モジュール名から"Module"を抜いた名前/指定した名前.拡張子のパスにあるテンプレートを利用します。今回の例ではViews/Home/index.cshtmlです。それ以外にも検索されるパスはありますが、後日別の記事としてまとめます。

修正後、再度ブラウザからアクセスすると、ちゃんとHTMLが表示されることが確認できます!!

f:id:rabitarochan:20131203144953p:plain

まとめ

今回は、プロジェクトの作成から、最低限必要なパッケージの導入と、簡単な動作確認をしました。

ソースも含めて1から作成しましたが、そこまで難しくなかったと思います。今回のような感じでゆっくりと進めていこうと思います。

ソースコードについては整理してからGithubで公開します。しばしお待ちください。